_L8A5941.jpg

​サービス管理の重要性​

 ご来店いただいたお客様の居心地を左右する、ホールスタッフのサービス。笑顔で接客は基本なので、ここでは触れません。お客様が見ているのは実はもっと深い、サービスにおける基本の所作です。それは食器の持ち方であったりお客様へのお声がけのタイミングであったりします。経営者はその多岐にわたる多くの基本を言葉に起こし、スタッフに対して可視化したマニュアルで指導できることが必要になります。基本を憶え理解し身に着けたスタッフは、そのスタッフならではの個性で、リラックスしてお客様をおもてなしすることができるようになります。そして次はそのスタッフの個性を言葉で褒めてあげましょう。その言葉はスタッフの自信につながり、さらに上の接客に向かいます。もちろん商品の知識を教えることも大切です。そうして育ったスタッフは劇的に店舗の価値を引き上げてくれます。

 

 もちろん、味でその店の評価を左右される厨房もとても重要なサービスです。飲食店の厨房は過酷な条件にあり、スタッフは苛立ったり焦ったりしてミスをすることもあるでしょう。もしかしたら不本意なまま商品がお客様の手元に届けられるかもしれません。そのような残念な結果を防ぐために気づかせてあげてください。調理人がその日に作る100皿は、100人のお客様それぞれのその日の1皿であることを。だからこそその1皿に心を込めてお作りする重要性を。その1皿の仕上がりがお客様を次の来店動機につながることを。その意識は、目の前のオーダーをこなす事に追われがちになる調理人にとって、厨房ならではのサービスのありようを気づかせてあげられます。

 飲食業におけるサービスという言葉は、経営者が店舗を包括的に管理するという事を意味します。まずは厨房スタッフとホールスタッフの意識の連携を促してあげてください。厨房は「一生懸命接客してくれているホールの人が胸を張って客席に運べる料理を作ろう」、ホールは「厨房がお客様のために一生懸命に作ってくれた料理を最高の接客でお届けしよう」という、お互いがリスペクトしあう意識を持ったチームを構築することが最も重要です。そしてそのサービスが形を成したとき、経営者には多大な利益が還元されます。

 

 サービスの基本は経営者がスタッフと店舗を愛することに他なりません。

 

VERY GOOD COMPANY. All rights reserved. 

verygood logo.png